スポンサーリンク

ブログアフィリエイトにおけるTwitter集客の有用性

ブログで稼ぐ

ブログアフィリエイトにおけるTwitterの役割は、大部分が「集客」であると考えています。今やTwitterやFacebookなどのSNSは現代人にとって欠かせないツールとなっています。

こういったSNSを利用していない人のほうが少ないほどです。中でもTwitterは権威性が高く、利用ユーザーも多いため、ブログアフィリエイトにおける集客にうってつけのツールです。

スポンサーリンク

Twitterとブログの関係性とフォロワーの増やし方

例えばブログ更新のたびにツイートを投稿するだけでも効果は目に見えて現れます。GoogleAnalyticsで確認できる自ブログへの流入口の約50%がTwitterなどのSNSであることからも、その効果が見て取れます。

Twitterでの集客活動は、その手軽さも魅力です。現状一日あたりのフォロー数は50人程度ですが、その範疇で自分の紹介する案件に興味のありそうなユーザー層をターゲットに、フォローを繰り返します。

フォローされた側は一定確率でフォローし返してくれるので、これで自分のフォロワーにすることができます。

私自身の体感ですとおおよそ30%ほどの確率で相互フォローの状態になりますので、このことから一日40人のフォロー×1ヶ月(30)で1200人のフォロー、その中から相互フォローの関係性を築けるのが400人ほどと、馬鹿にできない数字になります。

これらのフォロワーが必ずしも自ブログを訪れてくれるわけではありませんが、「自身のファン化する可能性のある層」というふうに捉えれば十分な戦果です。

Twitterユーザーの中には拡散をメインに活動している方も存在します。

そういった方と相互フォローの状態になると自ブログのリンクを自らのツイート上で公開し、広範囲に拡散してくれます。

こういった方の助力が得られた際のページビュー数は著しく、普段の数値の1.5倍〜2倍程度の効果が期待できます。

Twitterはなぜみんなに使われるSNSになったのか

さて、ここまでブログアフィリエイトにおけるTwitter集客の有用性について書きましたが、そもそもなぜTwitterはここまでの力を持ち得たのでしょうか?私は人間の原始的な欲求である「知識欲」にあるのではないかと考えています。

原始的な欲求と表現しましたが、知識欲は生きる上で必要な、生理的な3大欲求(食欲、繁殖欲、睡眠欲)とは違います。

生きる上で必ずしも必要なものではありませんし、なくて不便なものではありません。しかしながら、現代の日本のように戦争もなく、生きる上で必要なリソースが飽和している時代だからこそ、人は情報を求めるのだと思います。

マンガの続きが読みたい、好きな人の好みを知りたい、著名人の秘密を知りたい。

こういった知識欲は、下り階段を駆け下りるかのごとく歯止めが効きません。

知れば知るほどもっと知りたくなりますし、造詣を深めれば深めるほど、さらなる高みを目指したくなるものです。

情報は人間の知的欲求を満たす快楽である。

生きる上でのリソースの飽和、もとい「人間が生きるためのハードルが低くなった」ことから、最低限生きる上では必要のない「情報」に魅了されるようになったのです。

その点、Twitterは現代人の知識欲を程よく満たしてくれます。

今や一人一台スマートフォンをはじめとした情報端末を持っていて当たり前の時代です。

情報端末を持っているということは、すなわち誰もがインターネットというテクノロジーの恩恵を受けることができるということです。

そういった情報端末で、手軽に、なおかつ広範囲の情報を得ることができるがTwitterです。またお笑い芸人やタレント、果ては俳優なども自身のファン獲得や交流のためにTwitterを利用しており、そういった点もTwitterが人々に愛される理由なのではないでしょうか。

そういったツールだからこそ、ビジネスに利用しない手はありません。冒頭でも書きましたが、現代ではテクノロジーの発展により、SNSが非常に大きな力を持っています。

前述したような、有り余る知識欲を満たしたい層や、好きな芸能人のつぶやきが目当ての層をまとめて取り込めるほどの可能性が常にあるのです。

ブログもTwitterも決して簡単なことではなく継続が全て

もちろん、Twitterでの集客は簡単ではありませんし、ひとたび更新を怠ると人々に忘れ去られてしまいます。

断言しますが自分のフォロワーを一人一人、詳しく把握しているユーザーなど存在しません。

どのユーザーも、またはどのつぶやきも一過性のものです。

だからこそ、ブログアフィリエイターはブログ更新とTwitter集客をワンセットにし、継続的に取り組んでいく必要があるのです。

こういった取り組みは泥臭く地味ではありますが、必ず効果が得られます。

何をするにしても「無駄」ということはありません。それは「効果が出るまで取り組まなかった」ということなのです。

現在台頭しているSNSはこれからも稼働し続けることが考えられますので、ブログアフィリエイターは恐れずにTwitterでの集客を積極的に行うべきであると考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました