スポンサーリンク

ネットでできる資産の運用法をまとめました。

ブログで稼ぐ

僕は今までブログ活動を行う前は様々なネット運用を試してみましたが、一番資産になりそうなブログ活動をメインに活動して今まで過ごしてきました。

ただ、ネットで稼ぐ手段というのはたくさん存在するので今回はネットを使用した資産運用についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

ネット銀行の定期預金で資産運用

一般の銀行口座を所有していて資産が動かない口座を所有しているのであれば、インターネットで口座と作り口座を所有することができる楽天銀行やジャパンネット銀行の様にネット銀行で定期預金ができる口座に入ると資産を運用することができます。

この方式は資産が動かないことが条件で、動かすと複利が付かなくなるので簡単ではありますが、特定の期間まで口座を動かしてはいけないという誓約が付きます。

つまり、定期口座に預けてその金利を利益とします。

ですが、安全性としてはかなり安全で、銀行が潰れない限りと銀行口座にアクセスすることができるIDやパスワードが流失しない限り、資産が丸ごとなくなってしまうという危険性が無いのが特徴です。

株を購入して資産とする

株式をネットで売買することで自らの利益として資産を運用する方法があります。こちらは、デイトレードと長期保有がありまして、デイトレードは1日を通して株が安くなったら購入し、所有している株が高くなったら売却するを繰り返して利益を狙います。

利点としては、短期間で利益を得ることもありますがデメリットとしては短期間で収益が失われ損をすることもあります。

一方長期保有は株を取得して長期間にわたり所有し配当金を得て利益とします。ただし、企業によっては配当金を配布しない企業もあり株を所有しているからと言って配当金がもらえるわけではないのが注意点です。

利点としては安定している企業であれば株が上がり、それと同時に配当金を得ることができるのが利点ですが、株が下がるような事案がありますと、場合によっては資産がマイナスに転嫁することもあります。

貴金属への投資

投資法としてはネット売買で貴金属に投資をするという手法があります。

これは金塊やプラチナなどの他宝石などに投資をして財産として所有し、高値になれば売却を考えるという方法で、利点としては金やプラチナなどは多き価値が変動しないため、安定して自己が所有する資産とすることができます。

宝石も同様に自己の資産として所有することができますが、宝石の場合、盗難にあうと場合によってはシリアルなどが無いため、第3者が売買しても分らないというデメリットがあります。

金などの場合はシリアルが刻印されているため第3者が勝手に持ち出すことはできないのです。

ただし、これら資産ですがメリットは安定した価値であることですがデメリットもあり、安定しているがため、得られる利益は少なくなるというデメリットがあります。

これは金やプラチナなどの貴金属が取引において価値があり信頼されているため、価格が安定してしまっているため、高値になったり急激に安値になったりしないということです。

宝石の場合、貴金属の分類ですが、こちらは、価値が変動し、ダイヤモンドなど主要な鉱石以外は価値が不安定になりやすく、流行によって値段が異なりますのでデメリットとしては、宝石の場合、流行によって価値が変動することが挙げられます。

FXで利益を得る

FXという手法がありましてこちらは、為替で稼ぐ方法です。こちらはFX用の口座と証券口座が必要になり、日本円であらゆる国の通貨を購入し、再度売却して利益を得る方法です。

利点としては、少ない金額で高額の投資を行えるのが魅力ですが、失うものも大きく、初心者向けの投資の方法とそうではない方法の差が大きいのがデメリットです。

初心者の場合はスワップ金利という為替を購入する際につく金利で稼ぐという方法がありますが、こちらはあまり利益としては高くないのであくまで初心者向けです。

利益を得る場合は多くの為替を購入する必要があるので初心者の方で挑戦するのは難しいジャンルです。

口座開設するのに事務的処理で時間がかかってしまうので、年会費は無料なので時間があるときに開設だけでもしてしまっても良いと思います。

仮想通貨に投資をする

仮想通貨は日夜進化をして新しい仮想通貨が生まれています。

日本の市場の場合は、すでに仮想通貨の価値が安定して信頼されているものを購入して資産とするものが主で利点としては、安定している価値のある仮想通貨を購入できる点ですがデメリットもあり、デメリットとしては新規参入者が参入しやすい価格ではないという問題があります。

その為、海外の仮想通貨の取引所で仮想通貨を購入するのがおすすめですが、問題もあり海外の場合、信頼性が全くない仮想通貨も販売されており、仮想通貨として機能していない仮想通貨も普通に販売されていることです。

その為、投資をしたが、いつの間にか投資をした仮想通貨を販売している会社企業がなくなってしまっているという問題も多いです。

その為、かなり情報収集をすることが重要なジャンルで、情報をきちんと集めて、投資をする企業を選ばないと、流行や一時的な価値の高騰などで判断してその仮想通貨の銘柄を購入すると後で痛い目を見ることもあるのが仮想通貨になります。

また、市場が安定しているかと言われるとそうでもなく、不安定な市場になりやすく、仮想通貨の銘柄によっては暴落したりすることもあるため、新規参入が難しくなったジャンルです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました