スポンサーリンク

Twitterを使って記事を拡散しよう

ブログで稼ぐ

最近はアフィリエイトでお金を儲けるなどというやり方が有名になり、ブログを始めたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、ブログをただ始めただけではなかなか集客できず、SNSを使ってうまく記事を拡散していく必要があります。それならば、ブログをどのようにして拡散すれば良いのでしょうか。ここではTwitterを使ったブログの拡散について紹介していきます。

スポンサーリンク

Twitterを使用した記事拡散のやり方と注意点

1.Twitterは記事の拡散に向いている

実は、Twitterは記事を拡散していくのに有効なSNSの1つです。というのは、Twitterには#の機能があり、記事の内容に関連する単語に#をつけることで、それに関心を持っている人に見てもらうことができるのです。

ブログというのはまだ始めたばかりではサーチエンジンに表示されず、ほとんど検索で見てもらえる事はありません。

やっとサーチエンジンで見てもらえるようになるためには、記事を100記事から300記事ほど書かなければいけない、半年以上がんばらなければいけない、などとも言われています。

その一方で、半年以上ブログを続けられる人はごく一握りだと言われており、多くの人が半年ブログを続ける前に効果が得られず、やめてしまうのです。

そのような状態を防ぐために効果的なのがTwitterです。Twitterを使うことにより、関心がある人にその記事を読んでもらうことができますので、ぜひTwitterを利用していきましょう。

2.相互フォローの機能

Twitterには、「フォローバック」という言葉があります。これは「自分をフォローしてくれたらあなたをフォローします」というやり方であり、フォロワーを増やすために効果的な機能です。

どれだけ素晴らしいブログを拡散しようと思っても、フォロワーが少なければそもそも見てもらえなくなってしまう可能性が増します。

確かに#を使って記事の拡散は可能ですが、フォロワーが多い方がリツイートしてもらえる可能性も増しますし、安心ですよね。

また、フォロワーが多いブログの方が人気がありそうですし、見た目が良いです。そもそもフォロワーが少ないブログであれば、あまり面白くないブログなのだろうと思われてしまう可能性も増します。

その一方で、フォローバックというのはただ単に自分のフォロワーを増やすために利用している人も多いため、フォローバックでフォロワーを増やしてもあまり意味はないと感じる人も珍しくありません。

ただフォローバックでフォロワーを増やすのではなく、フォローした人たちにも積極的にコメントし、交流するように働きかけていきましょう。

3.トレンドの内容を知る

ブログを書くとき、何を書いたら良いのかわからないなどと悩んでいませんか?たとえ毎日オリジナルな記事を書いていても、それが毎日続くわけではありません。

いつかネタがなくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時にはTwitterが使えます。

Twitterを使うことで、今はどのような内容が人気を集めているのか、トレンドワードがチェックできます。多くの人に使われている#を利用すれば、それだけでネタができてしまいますよね。

もちろん自分のブログはトレンドブログではないという人もいるかもしれませんが、ネタがないときにはぜひネタ集めをしましょう。

ブログで集客するためには継続性が大切です。1日1本でも良いですから、コツコツ書き続けることが大切です。

4.誹謗中傷等には要注意

TwitterというのはFacebook等と違い、本名を使わなくても使える機能になります。だからこそ匿名性が高く、誹謗中傷も多く行われます。

お互いの顔が見えないと人間は誹謗中傷がしやすくなるとされていますが、実は世界的にも日本人のネット上での誹謗中傷は質が悪いと言われており、それだけにショックを受ける人たちも少なくありません。

Twitter自体が匿名で使える機能だからこそ、そして知らない人同士と簡単に繋がれるからこそ、Twitter上でも他の人のブログを誹謗中傷するなどということが行われており、そこからショックを受ける人もいると言われています。

そのため、Twitterでブログをするときにはネット上での誹謗中傷に気をつけましょう。むしろ、誹謗中傷されても強くいられる位の力が必要です。

5.1日に何度か記事をツイートする

Twitterは毎秒多くの人が投稿している機能ですから、1日1回記事を拡散しようとしただけではあまり多くの人に届きません。

もしもブログの記事を多くの人に広めたいと思うなら、1日に3回はツイートするようにしましょう。もしも時間がないならリツイートでも構いません。

人気の高い記事は何回かにわたってツイートしても構いません。Twitterの機能には何人がそのリンクをクリックしたか、などということもわかるものがありますので、ぜひチェックしながらどの機種の人気が高いのかということを調べていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました