スポンサーリンク

フリーランスエンジニアになるとどんなメリットがあるの?

ブログで稼ぐ

フリーランスエンジニアのメリットですが、まず、エンジニアとして働くうえで避けては通れないものがありまして、フリーランスになりますとその避けて通れない道を避けることができるのがメリットです。

これはかなりのメリットで要は、やりたくない仕事をやらなくてもよいのです。

スポンサーリンク

会社勤めのエンジニアとフリーランスエンジニア

エンジニアのお仕事ですと、会社の命令は絶対でかつ確実にこなさなければならなかったのですが、確実に仕事をこなすのに必要なものは時間でして、その時間をいかに確保することができるかというのが雇われの身ですと難しいのです。

その為、時間を確保できなくなってきたら自宅に帰ることなくお仕事をすることもあり、気分が滅入ってきて仕事を辞めてしまう人もおり、人が辞めてしまうとその分プロジェクトが遅れてしまうので、やりたくない仕事をしなくてもよいというのはそれだけ大きな魅力です。

納入の期限も融通が利く

他にもメリットとしては、相手の方がこちらに仕事を依頼してくる際、ある程度仕事の成果物の納入に関してこちら側が決めることができる点です。

これが雇われの身ですと、期日を決めることができるのは依頼主でして会社はその依頼主の期日に間に合うように、エンジニアを増やしたり、プロジェクトを進行させたりします。

ですが、間に合わない場合、会社は罰金を支払わないといけないので、当初はエンジニアの方々に対し、それほど文句を言わないのですが、プロジェクトが遅れてきますとだんだんと圧力をかけてきて仕事を急かします。

急かされて成果物が完成することもあればしないこともありまして、エンジニアの方々も薄々とこの仕事は無理だということがわかると会社に来なくなったりと無理な納期に関しては誰も仕事をしたくないのです。

その為、フリーランスになった際、成果物に対する期日をある程度こちら側が決めることができるのはかなりの利点です。

報酬が格段に良くなる。

最後の利点としては、報酬です。

これはある程度報酬額を交渉する余地があり交渉することができるということです。

もちろん、相手の方の意向を汲んで報酬の額を決めますのでいきなり高額な報酬を得ようとは考えません。

あくまである程度の報酬額のアップが望めるということで、会社のように頑張って仕事を終えても給料は変わらないということがないのが利点であるということです。

フリーランスエンジニアのキツイところ

フリーランスのエンジニアのお仕事はメリットばかりではないのです。

デメリットも存在しており、例えば、報酬額のアップを望めるといいましたが、その逆もあります。

相手の依頼主が満足できない成果物や満足はしたが初めから値切るつもりであったなど様々な依頼主の方がいまして、こちらのエンジニアとしての能力が相手の方が求めているエンジニアの能力であるという点が一致せず、両者ともに不仲に終わることもあります。

この場合、こちら側に非があるのか、相手の方がただ単にこちらの仕事にケチをつけて値引きをしたいのかが分からないので、場合によっては相手の方が成果物を受け取らないで報酬を得られないということもあります。

この場合は完全にタダ働きです。

実績が無いうちは仕事を選ぶ余裕がない

後、フリーランスや雇われて企業で働いている際もそうですが、依頼人を選んでいたら仕事が来ないということが最初のうちはあります。

フリーランスになった際、最初は実績がありませんので仕事を選んでいる余裕はないです。

あくまでフリーランスになり仕事を選べるようになるのは実績が溜まってきたらです。

その為、最初のうちは簡単なお仕事をしたりしてそこそこ実績を稼ぎ、大きな仕事をして高額な報酬を得るみたいなことをします。

フリーランスエンジニアは不安定な職業だ。

その下請けみたいな期間がどれくらいになるかということが分からないので雇われの身であった時と比べると明日はどうなるかわからないという不安感は最初はあります。

この不安は常にありまして、ある程度実績を上げても、個人で仕事をしていますので、相手の企業や個人の方が仕事を依頼してくれるまで待機したり、自分で仕事を探しに行かなければならず、仕事がない時もあります。

これが厄介でして、繁盛記と閑古鳥が鳴く閑散期があり、仕事があるときはとことんあり、ない時は全然ないのです。

フリーランスになりますとこの繁盛記と閑散期が特にありまして、会社の場合、そういったことを感じずに仕事をしていましたので、繁盛記と閑散期を最初は知らず、自分が悪いのかと感じたこともあります。

個人で仕事をするフリーランスの場合、景気ですとかその他の要因にひかれて仕事が減少したり増えたりすることもデメリットとして挙げられます。

まとめ

これらのデメリットとなるポイントを乗り越えることができるかできないかで、今後のすべてが決まると言ってもよく、フリーランスの場合、完全な自己責任がある点が特に注意が必要なポイントで、仕事を引き受けるのも自由で引き受けないのも自由、得をするのも自由、損をするのも自由ということです。

ブログで稼ぐ
スポンサーリンク
ブログで稼ぐための道しるべ
タイトルとURLをコピーしました