スポンサーリンク

【日々の疲労回復はこれで十分】原因別疲労の効果的な対策

ブログで稼ぐ

デスクワークの疲れを取る方法ですが、まず種類別に疲れを取る方法を記載します。

疲労が蓄積する場所はデスクワークでも異なりますので蓄積する場所ごとにその対処法を紹介します。

スポンサーリンク

眼精疲労の場合

眼精疲労の場合、パソコンなどのモニターを酷使していることと、同じ場所を見ていることによってだんだんと目の周りの筋肉の血流が悪くなり疲労感へと変わります。

この場合血流を改善してあげることが重要で、それと同時に長時間パソコンなどを使用してのお仕事をせず、適度に休憩をはさみ目を酷使しないことが重要です。

血流を改善するには目の周囲を暖めることができるアイマスクや目の周りを暖めることができる専門のグッズを使用して目の周囲を暖めると疲労感はある程度減少します。

しかし、根本的には解決はしていないのでやはり休憩を入れる也、最悪の場合、ビタミン薬を摂取して慢性的な疲労を排出する方法を取るとよいでしょう。

ビタミンには抗酸化作用があり、蓄積している疲労を減少させる効果があるため、例を挙げますとキューピーコーワなどは眼精疲労や肉体の疲労に効果があります。

食べ物で眼精疲労を取る場合、ブルーベリーやブロッコリーがおすすめでルテインやビタミンを多く含む食材であれば望ましいです。

長時間同じ姿勢による肉体の疲労

デスクワークの場合眼精疲労の他にある問題としては長時間同じ姿勢による肉体の疲労です。

これは力仕事とは違い、体をあまり動かさないことで起きる血流の悪化が原因で体にこりができ、疲労に代わるのです。

特に多いのが肩こりや腰痛などがデスクワークには多く、これらの理由は、肉体労働が主な仕事である物と比較しても多いのです。

改善法としては、長時間デスクワークをしなければいいのですが、この方法は現実的ではないので、姿勢を矯正するコルセットを使用して姿勢を正すことで腰や肩にかかる負荷を減らすという手法を取るとよいでしょう。

姿勢を矯正する商品としてはコルセットやベルトなどがあり、利点としては、体に巻いたり装着することで体にかかる荷重を分散してくれたり、体の重心を本来望ましいとされる位置に矯正したりすることができます。

姿勢を正すことで長時間同じ姿勢による肉体の疲労を軽減し腰などの他方から発せられる痛みを抑えることができます。

ですが、この方法でメリットもありまして、一つは商品によりますが、サイズが合わない場合、うまく体を矯正することができず、疲労を反って蓄積させてしまいます。

2つ目は腰や体に巻き付けるため、目立ちます。

これはスーツを着ていても目立つ商品もあり、知っている人が見れば一目で姿勢を矯正していると判断されます。

ただし、腰や肩にかかる負担は軽減されるため、目立つこととサイズがあることさえ除けば得られる利点は大きいです。

薬を使用して疲れを取る場合はやはりビタミン剤を飲むことになりますが、肩こりや腰痛の場合、痛みを伴っていることが多いので痛みを取りたい場合は、湿布薬などを使用したり、飲み薬などを使用して痛みを取ることを優先した方が良い場合もあります。

肉体疲労の場合、痛みを伴っている場合はすでにその箇所が言外に近い状態で炎症を起こしているため痛みがあるのです。

これは眼精疲労もそうなのですが、眼精疲労の場合痛みがある場合は目薬にて炎症を緩和させ肩や腰の場合は湿布薬などで炎症を緩和させます。

湿布薬は炎症を緩和させることができる点と、血流を改善させることができるため効果的に疲労を取ることができますが、問題としては、依存してしまった場合、湿布薬に使用されている薬が効かなくなります。

その為より強い効果があるシップを使用するなどをしてシップのメーカーを変える必要もあります。

睡眠不足からくるデスクワークの疲労感について

デスクワークは他には睡眠不足からくる疲労というものがあります。

これは、仕事が忙しく十分な睡眠がとれない、または睡眠をとる時間はあるが仕事のプレッシャーなどで眠ることができないという問題です。

この場合は理想としてはお医者様に掛かり、原因を特定し薬を処方してもらうのが望ましいです。

ですが、時間が無い場合は、自分で処置をするほかないのです。

自分で処置をする場合、睡眠導入薬を使用して眠りやすい環境を作ることが方法としてあり、睡眠をとる3時間前には食事をとらない、またはお風呂に入らないといった方法で睡眠をとりやすい環境を作るとよいでしょう。

食べ物で改善をする場合、睡眠からくる疲労の場合、トリプトファンを多く含む食べ物、鶏肉やバナナ、牛肉、ナッツ類というアミノ酸群を取ると睡眠に必要なホルモンを分泌することができ、より質の良い睡眠をとることができる準備ができます。

ただし、あくまで睡眠をとりやすい環境を作り上げていることがより良い睡眠をとることができる条件になりますので、睡眠をとることができる条件、熱いお風呂に入らない、寝る3時間前に食べ物を食べないなど条件を見たいしていないと効果的に睡眠をとり疲労を取り去ることはできないので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました