スポンサーリンク

初めてグーグルアドセンスの審査に合格するための知識

ブログで稼ぐ

グーグルアドセンスを利用するためには、審査を受けて、それに通過しないといけません。

その審査というのはグーグルアドセンスの広告を載せたいブログなどに関するもので、きちんと審査に合格できるものを作っていかないといけないのです。

スポンサーリンク

アドセンスに合格するための初心者の疑問

グーグルアドセンスの審査に関しては、明確なはっきりとした基準がなかなか存在しないため、手探り状態で審査を受ける人も多いです。

ある程度の情報はネット上にあるので、それを使えば共有することはできますけど、予測も含むので、どこまで正確か?は分かりません。

したがって、確実にグーグルアドセンスの審査に合格する方法は存在しないと思います。
しかし、グーグルアドセンスの審査基準に対する予測も含めて、妥当性が高いだろうという対策は一部存在します。

だから、そういったものを事前に実施したうえでグーグルアドセンスの審査に臨んでいくということを考えていきましょう。

グーグルアドセンスの審査に向けてブログなどを作っていくときに、多くが気にしているのは記事数ではないでしょうか?

記事の数が重要と思っている人もいるはずですが、これに関しては重要ではないとは言えませんけど、どこまで重要か?というのは疑問です。

作った直後のようなケース、記事の数が1とか2しかないような場合はともかくとしても、10以下のケースで審査に通ったという声が見つかります。

だから、記事の数に関しては少なすぎる場合には問題かもしれないですけど、多ければ多いほど良いとは言えないと思います。

審査に受かるには記事数なのか?継続日数なのか?

記事数において重要だと思われるのは、継続的な更新の跡が見られるか?という点でしょう。
継続して更新をしていくことがないだろうと思われると、そういったブログに関しては審査に通過できない可能性が高まるのです。

広告を載せる価値を見出せないようなケースでは、グーグルアドセンスの審査に通りづらいはずです。

つまり、一定の間隔で更新をしていくことが見られるか?という部分が重要だと思います。

だから、毎日更新していても、3日ごとや1週間ごとの更新でも、一定間隔で更新がされている状況が確認できれば問題ないと言えるのではないか?と思われます。

記事数に関しては少なすぎるのは問題と言えるとしても、一定数が確認できればいいので、そんなに大量に更新する必要はないでしょう。

記事の数に関してはそこまでこだわる必要性はないと思われますが、記事の内容面のボリュームについては重要と言えるでしょう。

グーグルアドセンスはGoogleが審査をしているので、検索エンジンからの観点というのも非常に重要になります。

つまり、価値のある記事となっているのか?という点が大切なのです。

別の言い方をすれば、読んだ人にとって価値を提供できていない記事ばかりのブログはそれだけGoogleにとっては広告を載せる価値を見出せないという見方もできるでしょう。

したがって、審査を受けるにあたっては記事をとにかく更新すればいいとは思わない方が良いです。

記事は自分ではなく読者のための物と思って書きましょう。

記事の中身に関してもきちんとこだわるべきですし、その記事を読んだ人が役に立ったと思えるような内容を毎回意識して作っていかないといけないのです。

したがって、実際に記事を書くときにはこれは誰に向けてのものなのか?を考えて、ターゲットを細かく絞ったうえで書いていくと良いと思うのです。

ユーザーの役に立つと思われる記事か?どうかというのはグーグルアドセンスの審査を受けるときには重要だと思われます。

ボリュームも意識してほしいと思うので、ある程度の文字数は書いていくようにしましょう。
情報がしっかりとしている記事は自然と文字数が増えていくはずですから。個人的には目安は2000文字ぐらいが適切だと感じています。

ポリシー違反に気を付けたジャンル選びをする

そして、グーグルアドセンスの審査を受けるうえで重要なのは記事の内容のジャンルです。
ここはブログを作る段階で知っておかないといけませんが、一部のコンテンツについて書くことはグーグルアドセンスでは禁止となっているのです。

そういったジャンルの記事を載せているブログはほぼ確実に審査に通りません。

これはグーグルアドセンスのポリシーをチェックして、どういうジャンルが禁止なのか?を知っておかないといけません。

たいていはアダルト、アルコール、タバコ、ギャンブルなどで違反するケースが多いです。
あとは誹謗中傷を含むコンテンツも禁止になっているので、批判記事などを書くときには注意をしないといけないのです。

逆にポリシー違反に気を付けていれば必ず受かります

ここは意外と気を付けないといけないところで、違反コンテンツというのは曖昧な線引きになっており、実際に私自身がブログを書いて、グーグルアドセンスの審査を受けるときには大変でした。

当時、この禁止されているジャンルに関しては詳しく調べましたが、アダルトに関しては水着でもダメな場合があったり、ギャンブルでも競馬はOKみたいな話を聞いていたので、非常に線引きがあいまいで、かなり気を遣って記事を書いていました。

ここはグーグルアドセンスの審査を受けるにあたって非常に重要で、記事のジャンルに関してはポリシー違反にならないように、細かいところまで考えながら書いていきましょう。

ちなみに僕が初めてアドセンス合格したときは100記事を超えてようやく合格しました(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました