スポンサーリンク

いつまでたってもアドセンスに合格出来ない悩みを解決します。

ブログで稼ぐ

いつまでたっても自分だけがグーグルアドセンスに合格できないでいるととても不安ですよね?

僕はそんな経験があります。

僕よりも後に始めたブロガーがグーグルアドセンスに合格したときには自分はセンスが無いから受からないんだと落ち込む日々もありました。

結果受かるまでには100記事ぐらいは書いたかな?

だからこそ言えることは、質の低いコンテンツで落ちまくっている人でも、諦めずに更新していれば必ず合格することが出来るということです!

毎日継続する必要はありません。一週間の中で時間を見つけて自分のペースでやってみることが初心者の継続のコツです。

今回はなかなかアドセンス合格できない人のための僕が行った対策を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

【アドセンス審査に通る記事とは?】

私がアドセンス審査に受かった経験から、次の3つが審査に通る最低条件だと考えます。

1.グーグルサーチコンソールにURL審査登録して、検索結果に出た記事が通る。

2.プライバシーポリシー項目に、Cookieを使って匿名で収集を行うこと、個人が特定されることはないことを明記する。

3.画像は、著作権フリーサイトから入手した画像に限定する。あるいはアマゾンの商品画像に留める。

3番目の著作権に関しては、気をつけていれば問題ないと思いますので、グーグルサーチコンソールを利用することと、プライバシーポリシー項目に、Cookieを利用していることを明らかにすることについて書きます。

僕が審査に通った経験から、一番効果があったかなと言えることは、サーチコンソールを活用することが重要であることです。

ただ、グーグルは、アドセンス記事の合格条件を明らかにしてはいないので憶測であることを念頭に置いて下さい。

サーチコンソールで自分のサイトを解析していく。

私は、アドセンス審査に受かる記事は、サーチコンソールでURL審査をかけて検索結果に載る記事だと考えています。

書いた記事を検索結果に載せるには、サーチコンソールのURL審査を利用して、登録可能かどうか判別してもらいます。登録可能と表示された記事を登録することで、検索結果に載ることが可能になるのでした。

早ければ、10分ほどで、自分が書いた記事が検索結果に載ります。(上位表示になるかどうかは別として)その検索結果に載った自分の15記事でアドセンス審査にかけるべきです。

そして、サーチコンソールに登録できても、検索結果に出ない記事は、アドセンスに通らない恐れがあります。

なぜなら、検索結果に載らない理由として、似たような記事が他に存在するとグーグルが機械的に判断している可能性があるからです。

悪気がなくても、コピーコンテンツと判断された場合は、サーチコンソールに登録できても、検索結果に載りません。

検索した人なら経験があると思いますが、検索結果をスクロールして最後まで行き着くメッセージに、「最も的確な検索結果を表示するために、上の○○件と似たベージは除外されます」があります。

つまり、サーチコンソールのURL審査で登録したものの、検索結果に出ない記事は、コピーコンテンツと判断されているということで、検索結果から除外されていることが想像できます。

ある程度のコンテンツボリュームに気を付ける

あるいは、ボリュームが1000文字以下で、中身が薄いことも考えられました。

なので、1000文字以上で記事を書くべきだという合格者の声があるのです。

実際に、私も、1000文字以下の記事は書きませんし、ボリュームが少ない記事は、アドセンス審査に出していません。

何はともあれ、サーチコンソールを使って登録した記事が、検索結果に載っているかの確認は必要です。

【問い合わせフォームなし。アマゾン商品画像貼ったままで受かった。クッキーの同意は必須】
また、アドセンスに受かった2つのブログには、問い合わせフォームをもうけていません。

画像も、著作権フリーサイトからのそれを貼っています。そして、アマゾンアソシエイトの商品画像はバンバン貼ったまま、審査は受かりました。

だから、問い合わせフォームや、アフィリエイトの商品画像で落ちることは考えにくいです。

ただし、お問い合わせフォームはいつか必要になてくる時が来るので早い段階で設置しておいていいと思います。

アドセンスに合格しても必須になるので用意しておこう。

そして、絶対にアドセンス審査に合格するにあたって必要な項目があります。

それは、プライバシーポリシーです。

ます、グーグルプライバシーポリシーに則っていることを書きました。
そして、グーグルによる広告表示のためにCookieを利用していることを明記します。
自分が訪れたサイトに合わせて表示される広告は、Cookieがあるからできることでした。

そのCookieは、匿名で収集を行うこと、個人が特定されることはないことを明記します。

自分の好みに合わせた広告を嫌う人のために、Cookieを無効にする方法もグーグルのサイトをリンク先として書きます。

また、グーグルアナリティクスを使用していることも明記しています。

何は、ともあれ、サーチコンソールを活用して検索結果に出た記事をアドセンス審査に出すことが重要です。その際には、絶対に、プライバシーポリシーの項目に、Cookieは匿名で収集を行うこと、個人が特定されることはないことを明記する必要があります。

ブログで稼ぐ
スポンサーリンク
ブログで稼ぐための道しるべ

コメント

タイトルとURLをコピーしました